賃貸住宅管理業者登録制度 (全29問中18問目)

No.18

賃貸住宅管理業者登録制度において、賃貸住宅管理業者が行ってはならない行為に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
平成29年試験 問6
  1. 賃貸住宅管理業者は、管理受託契約において定めがあれば管理事務の再委託を行うことができるが、基幹事務については一括して再委託することはできない。
  2. 賃貸住宅管理業者は、その業務に関して広告を行う場合は、管理事務の内容について実際のものより著しく有利であると人を誤認させる表示又は説明をしてはならないが、業務に関して勧誘を行う場合は、そのような禁止はされていない。
  3. 賃貸住宅管理業者は、その業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならないが、賃貸住宅管理業者でなくなった後は、そのような制約はない。
  4. 賃貸住宅を転貸する賃貸住宅管理業者(サブリース業者)は、転借人(入居者)との賃貸借契約において、敷引特約をすることは禁止されている。

正解 1

解説

  1. [正しい]。家賃等の受領、賃貸借契約の終了、賃貸借契約の更新の各基幹事務については一括して再委託することができません。
  2. 誤り。賃貸住宅管理業者が管理事務の内容について実際のものより著しく有利であると人を誤認させる表示又は説明をしてはならないだけではなく、業務に関して勧誘を行う場合もそのような対応は禁止されています。
  3. 誤り。賃貸住宅管理業者でなくなった後も、その業務に関して知り得た秘密を正当な事由なく漏らしてはならない制約があります。
  4. 誤り。敷引特約とは、敷金返還時に賃借人が賃貸人に預託した敷金から、一定の金額を差し引くことを取り決める特約のことをいい、こちらは禁止されておりません。
したがって正しい記述は[1]です。