賃貸住宅管理業者登録制度 (全29問中25問目)

No.25

賃貸住宅管理業者登録制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
平成27年試験 問4
  1. 自ら所有する住宅を賃貸する業務のみを行う事業者は、賃貸住宅管理業者登録制度における登録を受けることができる。
  2. 賃貸住宅管理業者登録制度の対象となるのは、貸主から委託を受けて賃貸住宅の管理を行う者であり、賃貸住宅を転貸する者(サブリース業者)は含まれない。
  3. 賃貸住宅管理業者登録制度は、賃貸住宅の貸主と賃貸住宅管理業者の関係についてルールを定めるのみならず、借主と賃貸住宅管理業者の関係についてもルールを定めている。
  4. 賃貸住宅管理業者が業務に関して不正な行為をした場合であって、情状が特に重いときは、賃貸住宅管理業者登録制度に基づく罰則が課される場合がある。

正解 3

解説

  1. 誤り。登録できるのは、賃貸住宅の賃貸人から委託を受けて、または賃貸住宅を転貸して基幹事務を行う業者です。自ら所有する住宅を賃貸する業務のみを行う事業者(大家業)は、賃貸住宅管理業者登録制度の登録を受けることができません。
  2. 誤り。賃貸住宅管理業者登録制度の対象は、貸主から委託を受けて賃貸住宅の管理を行う者だけではなく、賃貸住宅の転貸を業とする者(サブリース業者)も含まれます。
  3. [正しい]。賃貸住宅の貸主と賃貸住宅管理業者の関係についてだけでなく、借主と賃貸住宅管理業者の関係についてもルールを定めています。例えば、管理契約受託時・終了時の借主への通知、サブリース業者が行う借主への重要事項説明などです。
  4. 誤り。賃貸住宅管理業者登録制度には罰則規定はありません。ただし、必要な助言、指導、勧告や、場合によっては登録抹消になることはあります。
したがって正しい記述は[3]です。