賃貸住宅管理業者登録制度 (全29問中9問目)

No.9

賃貸住宅管理業者登録制度における賃貸住宅管理業者による貸主に対する管理受託契約の成立時の書面の交付(以下、本問において「書面の交付」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
令和元年試験 問8
  1. 書面の交付は、賃貸住宅管理業務を無償で行う場合も必要である。
  2. 書面の交付は、対面で手渡す必要があり、郵送で行うことはできない。
  3. 交付する書面には、管理事務に要する費用に加え、その支払の時期及び方法を記載する必要がある。
  4. 交付する書面には、管理事務の内容及び実施方法を記載する必要がある。

正解 2

解説

  1. 正しい。たとえ無償であっても、登録業者が賃貸住宅管理業に係る管理事務を受託した場合、賃貸人などへ管理受託契約の成立時の書面交付を行う必要があります(準則Q&A)。
  2. [誤り]。必ずしも対面・手渡しである必要はありません。特に遠隔地との契約の場合は書面は郵送で行う事も可能です。
  3. 正しい。管理受託契約の契約書面には「管理事務に要する費用並びにその支払いの時期及び方法」を記載する必要があります。重要事項説明書にも当該事項の記載が必要です。
  4. 正しい。管理受託契約の契約書面には「管理事務の内容及び実施方法(財産管理の方法を含む)」を記載する必要があります。重要事項説明書にも当該事項の記載が必要です。
したがって誤っている記述は[2]です。