借主の募集 (全13問中13問目)

No.13

入居審査に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成27年試験 問12
  1. 実際に申込みを行っている人物が、入居申込書等の書類上の申込者と同一であるかどうかを確認することが重要である。
  2. 借主である本人、又は借主が法人である場合は法人の関係者が、反社会的勢力でないかどうかの確認が重要である。
  3. 申込者が外国人の場合、住民票が発行されないので身元確認書類としてパスポート等を利用する。
  4. 申込者が高齢の場合、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の精神にかんがみ、理由なく申込みを拒んではならない。

正解 3

解説

  1. 適切。実際に申込みを行っている人物が、入居申込書等の書類上の申込者と同一であるかどうかを確認することは入居審査上重要になります。実際の申込者ではない者が記載する可能性等も十分考えられるためです。
  2. 適切。反社会的勢力でないかどうかの確認は借主側に対して十分に行う必要があります。
  3. [不適切]。外国人であっても住民票は発行されます。在留資格をもって在留する外国人で、在留期間が三ヶ月超の中長期在留者等には住民票が発行されます。
  4. 適切。申込者が高齢であっても、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の精神にかんがみ、理由なく申込みを拒んではなりません。同法は、高齢者の居住の安定の確保を図り、もってその福祉の増進に寄与することが目的です。
したがって不適切な記述は[3]です。