借主の募集 (全14問中4問目)

No.4

宅地建物取引業法及び不当景品類及び不当表示防止法に基づく不動産の表示に関する公正競争規約に従った不動産の表示方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
  1. 「新築」とは、建築後1年未満であることをいう。
  2. 「マンション」とは、鉄筋コンクリート造りその他堅固な建物であって、一棟の建物が、共用部分を除き、構造上、数個の部分に区画され、各部分がそれぞれ独立して居住の用に供されるものをいう。
  3. 自転車による所要時間は、道路距離250mにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示する。この場合において、1分未満の端数が生じたときは1分として算出する。
  4. 面積は、メートル法により表示し、1㎡未満の数値は、切り捨てて表示することができる。
令和2年試験 問18
  1. ア、イ
  2. イ、エ
  3. ア、ウ
  4. ウ、エ

正解 2

解説

  1. 誤り。「新築」とは、建築後1年未満であり、かつ居住の用に供されたことがないものをいいます。単に建築後1年未満ではありません(公正競争規約18条1項1号)。
  2. 正しい。「マンション」は、鉄筋コンクリー卜造りその他堅固な建物であって、一棟の建物が、共用部分を除き、構造上、数個の部分に区画され、各部分がそれぞれ独立して居住の用に供されるものです(公正競争規約施行規則3条8号)。
  3. 誤り。自転車による所要時間は、道路距離を明示して、走行に通常要する時間を表示します。徒歩の場合のように1分間に80m(端数切り上げ)というように決めるのではありません(公正競争規約施行規則10条11号)。
  4. 正しい。面積は、メートル法により表示し、1㎡未満の数値は、切り捨てて表示することができます(公正競争規約施行規則10条13号)。
したがって正しいものの組合せは「イ、エ」です。