建物管理の実務 (全12問中11問目)

No.11

賃貸不動産の鍵の交換に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
平成27年試験 問23
  1. 従前の借主が退去した後、貸主が鍵を交換せずに、新しい借主に賃貸した場合、従前の借主が鍵を使用して当該貸室に侵入するという盗難事件が発生したとしても、貸主が新しい借主に損害賠償責任を負うことはない。
  2. 鍵交換の費用は、原則として借主が負担すべきである。
  3. ピッキングに対応した鍵の交換費用については、原則として借主・貸主のうち交換を申し出た方が負担すべきである。
  4. 鍵交換は従前の借主が退去した後、入居する借主が決定する前までに行うことが望ましい。

正解 3

解説

  1. 不適切。従前の借主が退去した後には、貸主が鍵を交換する必要があります。そのため、従前の借主が鍵を使用して当該貸室に侵入するという盗難事件が発生した場合、貸主が新しい借主に損害賠償責任を負います。
  2. 不適切。借主の事情での鍵交換の費用は借主負担となりますが、借主が変わった場合等に変える必要がある場合は、貸主負担となります。
  3. [適切]。申し出た方が負担する必要があり、貸主が必要と感じた場合は貸主が、借主が住まいの安全のために必要と感じた場合は、借主が負担する必要があります。
  4. 不適切。安全性を考慮して、入居する借主が決定した後に行うことが望ましいとされています。入居する前に鍵を交換すると、入居を検討する見込客が新しい鍵を使用して不法侵入することなどが想定されるためです。
したがって適切な記述は[3]です。