建物管理の実務 (全12問中7問目)

No.7

計画修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成30年試験 問39
  1. 中長期的には、修繕計画による的確な修繕の実施により、賃貸経営の収支上プラスに働くこともあり、計画修繕が望まれる。
  2. 計画修繕の実施に当たっては、計画された修繕部位を点検、調査した上で状況を把握することが重要である。
  3. 修繕工事は、日常生活の中で行われる工事であるため、騒音や振動により居住者等に迷惑をかける問題があり、配慮しなければならない。
  4. 計画修繕を実施していくためには、長期修繕計画を策定する必要があるが、修繕管理の費用を賃貸不動産経営の中に見込む必要はない。

正解 4

解説

  1. 適切。修繕計画による的確な修繕の実施により、入居率の向上が期待でき、その結果、賃貸経営の収支上プラスに働くことが期待できます。
  2. 適切。計画ありきで修繕するのではなく、修繕予定の部位を点検、調査することで、想定外の不具合なども発見でき、結果的に建物の寿命の延ばすなどの効果が期待できます。
  3. 適切。修繕工事中も居住者は日常生活を営んでいるため、工事による影響などを事前に十分説明し、理解を求める姿勢が大切です。
  4. [不適切]。長期修繕計画の中で、修繕管理の費用を見込んでおくことが、安定的な賃貸経営につながります。
したがって不適切な記述は[4]です。