原状回復ガイドライン (全14問中4問目)

No.4

ガイドラインの考え方を前提とした場合、原状回復に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。
  1. ハウスクリーニング費用は、借主が通常の清掃を実施していないために必要となった場合であっても、貸主の負担である。
  2. 鍵交換費用は、借主が鍵を紛失した場合であっても、貸主の負担である。
  3. ペット飼育に伴う部屋の毀損を補修する費用は、無断飼育の場合を除き、貸主の負担である。
  4. 借主の同居人による部屋の毀損を補修する費用は、借主自身に故意過失がない場合、貸主の負担である。
令和2年試験 問32
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ

正解 4

解説

  1. 誤り。借主が通常の清掃や退去時の清掃を怠った場合には、部位または住戸全体のハウスクリーニング費用が借主負担となります。
  2. 誤り。借主による鍵の紛失または破損による取替え費用は、借主の負担となります。
  3. 誤り。飼育ペットにより柱やクロス等にのキズが付いたり、臭いが付着している場合は、その補修費用は借主負担となります。
  4. 誤り。借主の同居人は賃借人の履行補助者であり、借主の責めに帰すべき事由には、履行補助者の故意過失も含みます。したがって、借主自身に故意過失がなくとも、借主の同居人による部屋の毀損を補修する費用は借主負担となります。
したがって誤っているものは「4つ」です。