建物管理の実務 (全15問中1問目)

No.1

賃貸住宅の管理の実務に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
令和3年試験 問6
  1. 借主の入れ替えに伴う鍵交換のタイミングは、新しい借主が決定した後ではなく、従前の借主が退去したときが望ましい。
  2. 空室は、劣化や傷みをできるだけ防ぐため、室内に立ち入ることは望ましくない。
  3. 共用部分の清掃に関し、年間の清掃計画と定期点検計画を借主に事前に知らせることは、賃貸住宅管理業者の重要な役割である。
  4. 建物共用部分の廊下や階段に借主の私物が放置されている場合、賃貸住宅管理業者は発見後、直ちに自らその私物の移動や撤去をする必要がある。

正解 3

解説

  1. 不適切。鍵交換は新しい借主が決定してから行うべきです。従前の借主退去後は、新しい借主候補者や清掃業者の出入りの可能性があるため、その時点で使用していた鍵のまま新しい借主に引き渡すのは好ましくありません。
  2. 不適切。空室に適切なタイミングで立ち入りを行い、換気・清掃や設備の定期点検などを行う必要があります。立ち入らずに放置することは空室劣化の原因になります。
  3. [適切]。本肢のとおり、共用部分の清掃に関し、年間の清掃計画と定期点検計画を借主に事前に知らせることは、賃貸住宅管理業者の重要な役割です。
  4. 不適切。建物共用部分に放置されている私物を所有者に無断で移動することは、自力救済に該当するため禁止されています。したがって、所有者などに私物の撤去を依頼すべきです。
したがって適切な記述は[3]です。