企画提案 (全11問中1問目)

No.1

賃貸不動産経営の企画提案書の作成にあたっての物件調査や市場調査に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和3年試験 問50
  1. 物件の所在を特定する手段として、不動産登記法に基づく地番と住居表示に関する法律に基づく住居表示とがある。
  2. 「事業計画」の策定においては、建築する建物の種類・規模・用途、必要資金の調達方法、事業収支計画の3点が重要な項目である。
  3. 公的な土地の価格である固定資産税評価額は、公示価格の水準の6割程度とされている。
  4. 公的な土地の価格である路線価(相続税路線価)は、公示価格の水準の8割程度とされている。

正解 3

解説

  1. 適切。登記記録上の土地の地番と住居表示(いわゆる住所)は異なりますが、どちらも物件の所在を特定する情報として使うことができます。
  2. 適切。事業計画の策定においては、建築する建物自身の種類・規模・用途、必要資金を調達する方法、事業収支計画の3点が重要な項目となります。
  3. [不適切]。固定資産税評価額は、公示価格の7割を目安に設定されています。
  4. 適切。相続税路線価は、公示価格の8割を目安に設定されています。
したがって不適切な記述は[3]です。