企画提案 (全10問中5問目)

No.5

賃貸住宅のコンセプトに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
平成30年試験 問40
  1. サービス付き高齢者向け住宅とは、賃貸住宅又は有料老人ホームにおいて、状況把握・生活相談サービス等を提供するものである。
  2. 賃貸住宅における入居者像の「とりあえず賃貸派」は、家を持つことにはこだわらず、賃貸住宅で十分と考えているのが特徴である。
  3. ペット可能な賃貸住宅においては、主にペット同士のトラブルを念頭に、共用部分で他のペットとの接触が最小限に抑えられている程度なら許可を与えることを基本ルールとしている。
  4. シェアハウスとは、宿泊用に提供された個人宅の一部やマンションの空室等に宿泊するものである。

正解 1

解説

  1. [適切]。サービス付き高齢者向け住宅とは、状況把握サービス、生活相談サービス等の福祉サービスを提供する住宅です。
  2. 不適切。「とりあえず賃貸派」は、現時点では賃貸住宅で倹約し、将来持ち家を購入しようと考えている入居者像です。
  3. 不適切。ペット可能な賃貸住宅とは、共用部分での他のペットとの接触ではなく、他の住民との接触を最小限に抑える程度なら許可を与えることを基本ルールとしています。
  4. 不適切。本肢の内容は、民泊に関する説明です。シェアハウスは、賃貸建物を複数の者がキッチン・浴室等の施設を共用し、それ以外の居住部分を専用し使用する形態です。
したがって適切な記述は[1]です。