保険 (全6問中4問目)

No.4

保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成29年試験 問34
  1. 保険を利用して、賃貸不動産の経営における危険を軽減、分散することができる。
  2. 保険について理解をし、関係者にアドバイスをすることができるようにしておくことは、賃貸管理に係る支援業務の一つである。
  3. 地震、噴火又はこれらによる津波を原因とする建物や家財の損害を補償するものは地震保険と呼ばれ、地震保険のみ単独で加入することができる。
  4. 保険商品の分類には、保険業法上、「第一分野」「第二分野」「第三分野」という分類方法があり、賃貸不動産の経営において、最も有用な保険は第二分野の損害保険である。

正解 3

解説

  1. 適切。火災保険や地震保険、損害保険等、各種保険を利用することで、賃貸不動産の経営における危険を軽減・分散することができます。
  2. 適切。保険の活用は賃貸住宅経営にとって重要ですので、保険について理解し関係者にアドバイスをすることができようにしておくことが、賃貸管理に係る支援業務の一つとして位置づけられます。
  3. [不適切]。地震保険のみ単独で加入することはできず、必ず火災保険に付帯する形で加入する必要があります。
  4. 適切。「第一分野」は生命保険、「第二分野」は損害保険、「第三分野」はその中間のがん保険や医療保険であり、賃貸不動産の経営において、最も有用な保険は第二分野の損害保険になります。
したがって不適切な記述は[3]です。