賃貸管理総論 (全13問中5問目)

No.5

管理業者の役割に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和元年試験 問37
  1. 借主保持と快適な環境整備に関しては、昨今の借り手市場のもとでは、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切である。
  2. 新たな経営管理手法の研究と提案は、管理業者の役割というよりも、アセットマネージャーの役割である。
  3. 透明性の高い説明と報告に関しては、貸主だけでなく投資家に対しても行わなければならない場合がある。
  4. 一定の業務のみ行ったり、一時的な対応にとどまるのではなく、能動的、体系的管理の継続が求められる。

正解 2

解説

  1. 適切。空家、空室が多く借り手が優位な市場の中では、優良な借り手に末永く借りてもらうことが借主にとっても重要であると考えられます。
  2. [不適切]。アセットマネージャーの役割というよりも、管理業者として益々重要視される役割であると考えられます。
  3. 適切。不動産証券化により、投資家が貸主になるケースも増加しているため、物件の管理状況や運営状況等の透明性の高い説明や報告が重要となってきていると考えられます。
  4. 適切。単に賃貸不動産の管理だけでなく、借主や地域社会に対して負う責任も増えてきていることから、借主や貸主との信頼関係の確保や、能動的、体系的管理の継続が求められていると考えられます。
したがって不適切な記述は[2]です。