賃貸借契約の管理 (全14問中7問目)

No.7

賃料未払の借主に対する明渡しに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
平成30年試験 問22
  1. 明渡しの強制執行を行うための債務名義となるのは、判決における判決書のみであり、裁判上の和解調書は債務名義とならない。
  2. 強制執行を申し立てるに当たって必要となるのは、債務名義のみである。
  3. 未払賃料を支払うことを内容とする判決書は、建物明渡しを求める強制執行の債務名義となる。
  4. 賃貸借契約書に、「賃料を滞納した場合には、貸主あるいは管理業者は鍵を交換することができる。」との約定があっても、貸主は、建物明渡し前に借主の外出中に無断で賃貸建物の鍵を交換した場合、法的責任を問われることがある。

正解 4

解説

  1. 誤り。判決書以外にも、裁判上の和解調書、調停調書などが債務名義となります。判決書だけではありません。
  2. 誤り。強制執行の申し立てには、債務名義の他に、裁判所の書記官または公証人による債務名義の執行文が必要となります。
  3. 誤り。未払賃料支払いの判決は、金銭支払いの債務名義にしかならず、建物明渡しを求める債務名義とはなりません。
  4. [正しい]。賃料滞納時に貸主あるいは管理業者は鍵を交換できるという特約自体が、自力救済を求める状況として公序良俗に反するものとして無効となる可能性あります。したがって、そのような特約にしたがって、借主の外出中に無断で賃貸建物の鍵を交換した場合、法的責任を問われることがあります。
したがって正しい記述は[4]です。