建物の基礎知識と維持管理 (全12問中6問目)

No.6

防火管理者に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成30年試験 問32
  1. 管理権原者は、防火管理者を選任し、防火管理業務を行わせなければならない。
  2. 賃貸住宅における管理権原者は、貸主(所有者)等である。
  3. 管理権原者は、管理業者を防火管理者として選任することで、防火管理責任を免れることができる。
  4. 防火管理者の行う業務のうち、特に重要なものは、消防計画の作成である。

正解 3

解説

  1. 適切。一定規模以上の建物においては、建物の管理について権原を有する管理権限者は、防火管理者を定め、消防計画を作成させ、必要な防火管理業務を行わせる必要があります。なお、防火管理者となるには一定の資格が必要となります。
  2. 適切。賃貸住宅における管理権限者は、貸主(所有者)となります。居住者ではありません。
  3. [不適切]。防火管理者は防火管理業務の主担当となりますが、防火管理の最終責任は管理権原者にあります。
  4. 適切。防火管理者の業務は主に3つあり、特に重要なものが消防計画の作成です。
    • 防火管理に係る消防計画の作成・届出
    • 消火、通報および避難の訓練の実施
    • 消防用設備等の点検・整備
したがって不適切な記述は[3]です。