建物の基礎知識と維持管理 (全18問中6問目)

No.6

建物の修繕に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和3年試験 問17
  1. 建物は時間の経過とともに劣化するので、長期修繕計画を策定し、維持管理コストを試算することは有益である一方、その費用は不確定なことから賃貸経営の中に見込むことはできない。
  2. 長期修繕計画は、数年に一度は見直しを行うことにより、適切な実施時期を確定することが必要である。
  3. 長期修繕計画によって修繕費とその支払時期が明確になることから、将来に備えて計画的な資金の積立てが必要となる。
  4. 計画修繕を実施することで、住環境の性能が維持でき、入居率や家賃水準の確保につながり、賃貸不動産の安定的経営を実現できる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。計画的な修繕を実施するための資金の裏付けを得るために、維持管理費用を賃貸経営の中に見込んでおく必要があります。
  2. 適切。実施した工事を反映したりするなど、数年ごと長期修繕計画の見直しをしなければなりません。
  3. 適切。修繕には多額の費用が必要となるため、修繕計画を立てることで、資金の計画的な積立てを行うことができるようになります。
  4. 適切。計画修繕は賃貸物件の価値の維持につながるため、入居率や家賃水準の確保に効果があり、中長期的に見れば安定的経営に寄与します。
したがって不適切な記述は[1]です。