建物の基礎知識と維持管理 (全18問中7問目)

No.7

屋根・外壁のメンテナンスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和2年試験 問38
  1. コンクリート打ち放しでは、コンクリート自体の塩害、中性化、凍害などを点検する必要はない。
  2. 傾斜屋根(カラーベスト等)の屋根表面の塗膜の劣化による、色あせ、錆、表面温度の上昇などにより、屋根材の割れや漏水などが発生する場合がある。
  3. 陸屋根では、落ち葉やごみが樋や排水口(ルーフドレイン)をふさいだりすると防水面を破損しかねず、漏水の原因にもなる。
  4. 外壁タイルやモルタル塗りでは、下地のコンクリートや下地モルタルとの付着力が低下すれば、剥落事故につながる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。コンクリー卜自体の塩害、中性化、凍害などの点検は、コンクリートを良好な状態を維持するために不可欠です。
  2. 適切。傾斜屋根表面の塗膜の劣化による色あせ、錆、表面温度の上昇などが、屋根材の劣化の原因となります。定期的なメンテナンスが必要です。
  3. 適切。陸屋根(平面状の屋根)は勾配がないので水はけが悪く、雨漏りのトラブルが多い傾向があります。落ち葉やごみが樋や排水口をふさいだりすると、屋根の防水面を破損する可能性があります。
  4. 適切。外壁タイルやモルタル塗りでは、下地のコンクリー卜や下地モルタルとの付着力が低下により、タイルなどの剥落事故につながる可能性があります。
したがって不適切な記述は[1]です。