設備の基礎知識と維持管理 (全16問中12問目)

No.12

昇降機設備・機械式駐車場設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成28年試験 問32
  1. エレベーターの保守契約におけるPOG契約(パーツ・オイル&グリース契約)は、契約範囲外の部品の取替えや機器の修理は別料金となるので、経年劣化により費用が増加することはない。
  2. エレベーターの保守契約におけるフルメンテナンス契約は、部品の取替えや機器の修理を状況に合わせて行う内容で、月々の契約は割高となる。
  3. 建物の所有者又は管理者は、特定行政庁が定める時期に、昇降機定期点検報告書を提出しなければならない。
  4. 機械式駐車場設備は、その構造や規模により、不活性ガス消火設備、泡消火設備、ハロゲン化物消火設備等の設置が義務付けられている。

正解 1

解説

  1. [不適切]。POG契約(パーツ・オイル&グリース契約)は、契約範囲外の部品の取替えや機器の修理は別料金となるため、経年劣化により契約範囲外の部品の取替えや機器の修理が多くなることが予想され、将来的な費用が増加する可能性が高いです。
  2. 適切。フルメンテナンス契約は、部品の取替えや機器の修理を状況に合わせて行う内容で、大規模な修繕まで含まれるため、月々の契約は割高となります。
  3. 適切。建物の所有者(貸主)又は管理者は、建築基準法第12条に基づき年1回、昇降機定期点検報告書を特定行政庁に提出しなければなりません。
  4. 適切。機械式駐車場設備は、その構造や規模により、不活性ガス消火設備、泡消火設備、ハロゲン化物消火設備等の設置が義務付けられており、その設備の種類、使用方法等を日ごろから習熟しておくことが大切です。
したがって不適切な記述は[1]です。