保険 (全7問中2問目)

No.2

保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和2年試験 問42
  1. 賃貸不動産の経営における危険を軽減・分散するための重要な方策の1つである火災保険は、保険業法上の「第二分野」に分類される損害保険の一種である。
  2. 地震保険は、地震・噴火・津波を原因とする火災や損壊等による損害を補償する保険である。
  3. 賃貸不動産の借主は、自己の家財に対する損害保険として、借家人賠償責任保険に単独で加入することができる。
  4. 地震保険は、住宅の火災保険に付帯して加入する保険であり、保険金額は、主契約の火災保険金額の30%~50%以内の範囲で、建物5,000万円、家財1,000万円までとされている。

正解 3

解説

  1. 適切。保険は、「第一分野」の生命保険、「第二分野」の損害保険、「第三分野」の医療・ガン・介護保険に大別されます。火災保険は第二分野の損害保険に分類されます。
  2. 適切。地震保険は、居住用建物および家財(生活用動産)を保険の目的とし、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災、損壊、埋没または流失による損害を補償する保険です。
  3. [不適切]。借家人賠償責任保険は、火災、破裂・爆発、水ぬれで借りている部屋に損害を与えたとき、貸主に対して負う法律上の損害賠償責任を補償する保険です。地震保険と同様、火災保険に付帯して加入する保険であるため、単独での加入はできません
  4. 適切。地震保険は単体での加入はできず、必ず住宅の火災保険に付帯して加入しなければなりません。地震保険の保険金額は、主契約の火災保険金額の30%~50%以内の範囲で、建物5,000万円、家財1,000万円までとされています。
したがって不適切な記述は[3]です。