賃貸不動産経営管理士過去問題 平成28年試験 問39

問39

換気設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. シックハウス症候群の原因物質の除去対策として、新築建物には自然換気設備の設置が義務付けられている。
  2. 第1種機械換気は、給気及び排気にファンを用いる方式である。
  3. 第3種機械換気は、室内が負圧になるため、他の部屋へ汚染空気が入らない方式である。
  4. 換気設備には、給気ファン、排気ファン、給排気ダクト、ルーフファン、排気塔、設備用換気扇等がある。

正解 1

解説

  1. [不適切]。シックハウスの原因となる揮発性有機化合物(VOC)の除去対策として、新築建物については24時間換気(常時換気)システムが義務付けられています。自然換気設備ではありません。
  2. 適切。第1種換気は給気・排気ともに機械換気を用いる方式です。
  3. 適切。第3種換気は排気のみ機械換気を用いる方式で室内が負圧になるため、他の部屋に汚染空気が入りません。
  4. 適切。選択肢の通り、換気設備には、給気ファン、排気ファン、給排気ダクト、ルーフファン、排気塔、設備用換気扇等があります。
したがって不適切な記述は[1]です。