賃貸不動産経営管理士過去問題 令和3年試験 問49

問49

保険に関する次の記述のうち、景も不適切なものはどれか。
  1. 保険とは、将来起こるかもしれない危険(事故)に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度である。
  2. 賃貸不動産経営において最も活用される損害保険は、保険業法上、第一分野に分類される。
  3. 地震保険は、地震、噴火又はこれらによる津波を原因とする建物や家財の損害を補償する保険であるが、特定の損害保険契約(火災保険)に付帯して加入するものとされており、単独での加入はできない。
  4. 借家人賠償責任保険は、火災・爆発・水ぬれ等の不測かつ突発的な事故によって、賃貸人(転貸人を含む。)に対する法律上の損害賠償責任を負った場合の賠償金等を補償するものである。

正解 2

解説

  1. 適切。保険とは、将来起こるかもしれない危険(事故、リスク)に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度です。
  2. [不適切]。損害保険は保険業法上の第二分野に分類されます。第一分野は生命保険、第三分野はその他の保険(医療保険、がん保険、介護保険など)です。
  3. 適切。地震保険は単独での加入ができず、必ず火災保険に付帯する形で加入しなければなりません。
  4. 適切。借家人賠償責任保険は、借家人が貸主に対して負った法律上の賠償責任を補償する保険です。賃貸借契約の借主にとって特に重要な保険となります。
したがって不適切な記述は[2]です。