令和2年問題49のウについて

N30さん
(No.1)

住民税は、所得税法上の所得をもとに住所地の市区町村長が課税し、徴収方法には、
普通徴収と特別徴収がある。

これ本試験での解答は2となりア×ィ〇ウ〇となるようですが
アとィについては異論はないのですが
ウについてこれ何で〇なのでしょうか?
公式テキストでも課税主体は市区町村であり長ではないのでは?
何で〇となり2なのでしょうか?
2021.01.16 16:46
管理人
(No.2)
私もウは公式テキストに基づいて×だと考えていたので腑に落ちていません。
どのように解説するか困りものですが、今のところ、地方自治法の規定を出して、課税主体は市区町村(地方税法の規定)ですが、その事務を執行するのは首長ということなのだと説明する方向性を考えています。

地方自治法148条
普通地方公共団体の長は、当該普通地方公共団体の事務を管理し及びこれを執行する。
2021.01.16 17:02
N30さん
(No.3)
こんにちわ
みるきー@管理人さん
初めまして、返信ありがとうございます!
この問題については中々、回答じたいしてくれるとこも
なくて回答ありがとうございます。
自分もウは×だと信じていたものもありますが

地方自治法148条を持ち出すってことですね
なるほど、そう考えると長が課税するも間違いではないと
考えることはできるのかもしれませんね
むしろそういった方向性で考えるということで
誤りではないという感じに持っていくしかなかったのかなとは
思いたいです。
2021.01.17 14:17

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード:

その他のスレッド