賃貸不動産経営管理士 (全11問中10問目)

No.10

賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成28年試験 問2
  1. 信義誠実の義務に関しては、直接の依頼者に対してはもちろんのこと、そのほかの関係者に対しても同様に、信義に従い、誠実に対応することが必要である。
  2. 法令の遵守と信用保持に関しては、自己の所属する管理業者の立場のみならず、賃貸不動産管理業全体に対する社会的信用を傷つける行為の禁止も含まれる。
  3. 秘密を守る義務に関しては、自己の所属する管理業者を退職して、当該賃貸不動産の管理に携わらなくなった後も、引き続き負うべきものである。
  4. 公正と中立性の保持に関しては、依頼者に対する信義誠実義務や、利益相反行為の禁止の観点から、常に依頼者の立場に立って対応することが必要である。

正解 4

解説

  1. 適切。賃貸不動産経営管理士は、直接の依頼者だけでなく、すべての関係者に対して、信義誠実に従った職務を行う必要があります。
  2. 適切。自己の所属する管理業者だけでなく、賃貸不動産管理業全体の社会的信用を守る必要があります。
  3. 適切。秘密を守る義務は所属する組織を退いた後も継続して負うべきです。これは賃貸不動産経営管理士だけでなく、すべての士業に言えることです。
  4. [不適切]。常に依頼者の立場ではなく、常に公正中立な立場で職務を行う必要があります。
したがって不適切な記述は[4]です。