賃貸不動産経営管理士 (全13問中2問目)

No.2

賃貸住宅に係る新たな政策課題に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和3年試験 問48
  1. 賃貸不動産経営管理士は、所属する賃貸住宅管理業者の積極的な指示がある場合に限り、重要な政策課題や新しい賃貸住宅の活用のあり方について制度設計を進め、実際の業務の管理及び監督や実施を担う等により、課題解決に関与する。
  2. 賃貸不動産経営管理士が有する賃貸借契約や賃貸不動産管理に関する専門性は、住宅宿泊事業で必要となる専門性と親和性があることから、賃貸不動産経営管理士は、住宅宿泊事業における専門家としての役割を担う資質と能力を有している。
  3. 賃貸不動産経営管理士は、空き家所有者に対し賃貸借に係る情報、入居者の募集、賃貸住宅の管理の引受けについて助言や提言をすることにより、空き家所有者が安心して賃貸不動産経営に参画できる環境を整備し、空き家問題の解決のために役割を果たすことが期待される。
  4. 賃貸不動産経営管理士は、住宅扶助費の代理納付精度や残置物の処理に係る契約上の取扱い等を貸主に説明することを通じ、住宅確保要配慮者が安心して暮らせる賃貸住宅の提供のための役割を果たすことが期待される。

正解 1

解説

  1. [不適切]。賃貸不動産経営管理士が課題解決に関与するのは、所属する賃貸住宅管理業者の積極的な指示がある場合に限ったことではありません。したがって、本肢は誤りです。
  2. 適切。賃貸不動産経営管理士が有する賃貸借契約や賃貸不動産管理に関する専門性は、住宅宿泊事業で必要となる専門性と親和性があります。したがって、賃貸不動産経営管理士は、住宅宿泊事業における専門家としての役割を担う資質と能力を有しています。
  3. 適切。賃貸不動産経営管理士は、空き家所有者に対し賃貸借に係る情報、入居者の募集等の情報について助言や提言をすることにより、空き家問題の解決のために役割を果たすことが期待されています。
  4. 適切。賃貸不動産経営管理士は、住宅扶助費の代理納付制度や残置物の処理に係る契約上の取扱い等を貸主に説明することを通じて、住宅確保要配慮者が安心して暮らせる賃貸住宅の提供のための役割を果たすことが期待されています。
したがって不適切な記述は[1]です。