賃貸不動産経営管理士 (全11問中3問目)

No.3

賃貸住宅管理業者登録制度により賃貸不動産経営管理士が行うべき業務に関する次の記述のうち、最も適切なものの組合せはどれか。
  1. 貸主に対する重要事項説明
  2. 貸主に対する重要事項説明のための書面への記名押印
  3. 貸主との契約における契約書面への記名押印
令和元年試験 問2
  1. ア、イ
  2. ア、ウ
  3. イ、ウ
  4. ア、イ、ウ

正解 4

解説

「賃貸住宅管理業者登録制度」により賃貸不動産経営管理士が行わなければならない業務として規定されているのは、貸主との管理受託契約・サブリース契約に係る3つの業務です。
  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 契約内容記載書への記名・押印
また、重要事項の説明は、たとえ遠隔地間でも必ず貸主との契約前に、賃貸不動産経営管理士が実施しなければなりません。契約前に説明する事で契約条件や内容を十分に理解して貰い、後々のトラブルを防止する必要があるためです。

したがって賃貸不動産経営管理士が行うべき業務は「ア、イ、ウ」全てです。