建物管理の実務 (全15問中6問目)

No.6

建物の修繕履歴と履歴情報に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和2年試験 問37
  1. 修繕履歴は、次の修繕を企画する上で、重要な情報となる。
  2. 建物が長期にわたり必要な機能を維持して、収益性を保持するためには、日常の点検管理と計画的な修繕が必要不可欠である。
  3. 賃貸管理では、建物の劣化状態について外観調査を手掛かりに修繕の必要性を判断し、効果的な修繕計画を立案することが求められるが、見えない部分は考慮しなくてよい。
  4. 賃貸建物については、退去時の敷金精算等も視野に入れ、賃貸時の原状等について、客観的なデータを履歴情報として保存しておくことは重要である。

正解 3

解説

  1. 適切。修繕履歴による竣工時の建材・部品情報は必要十分なメンテナンスに必要不可欠です。
  2. 適切。建物は自然劣化していくので時間が経てば機能を失い使えなくなってしまいます。建物の収益性を保持するためには、日常の点検管理や計画的な修繕を行い、建物を長持ちさせることが重要です。
  3. [不適切]。建物の劣化状態について外観調査を手掛かりに修繕の必要性を判断し、効果的な修繕計画を立案することが求められ、見えない箇所についても考慮しておく必要があります。
  4. 適切。賃貸時の原状等について客観的なデータを履歴情報として保存しておくことで、退去時の敷金精算等のトラブルを未然に防ぎ、円滑な退去時処理を行えます。
したがって不適切な記述は[3]です。