賃貸借契約 (全19問中11問目)

No.11

契約書の記載に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。なお、当事者間に契約書以外の合意事項はないものとする。
  1. 賃貸借に関する保証契約書に保証債務の範囲として「賃貸借契約から生じる借主の債務」と記載されている場合、保証人は賃料についてのみ保証債務を負い、原状回復義務については保証債務を負わない。
  2. 賃貸借契約書に賃料の支払日について記載がない場合、平成29年5月分の賃料の支払日は平成29年5月31日である。
  3. 賃貸借契約書に無断転貸を禁止する旨の記載がない場合、借主が貸主の承諾なく第三者に賃貸物件を転貸したとしても、貸主は賃貸借契約を解除することはできない。
  4. 賃貸借契約書に借主の原状回復義務に関する記載がない場合であっても、賃貸物件が借主の過失により損傷したときは、貸主は借主に対して原状回復費用相当額の損害賠償を請求することができる。
平成29年試験 問19
  1. ア、ウ
  2. イ、ウ
  3. イ、エ
  4. ウ、エ

正解 3

解説

  1. 不適切。「賃貸借契約から生じる借主の債務」の場合は、賃料のみではなく、原状回復義務についての保証債務についても負う必要があります。
  2. 適切。賃貸借契約書に賃料の支払日について記載がない場合、原則、当月発生分は当月払い(後払い)となります。
  3. 不適切。記載がない場合であっても、借主が貸主の承諾なく第三者に賃貸物件を転貸した場合、貸主は無断転貸として賃貸借契約を解除することができます。
  4. 適切。原状回復義務に関する記載がない場合であっても、賃貸物件が借主の過失により損傷したときは、貸主は借主に対して原状回復費用相当額の損害賠償を請求することができます。
したがって適切なものの組合せは「イ、エ」です。