賃貸借契約 (全19問中5問目)

No.5

建物賃貸借契約と建物使用貸借契約の異同に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
令和元年試験 問15
  1. 使用貸借契約、賃貸借契約のどちらについても、建物の引渡しは契約成立の要件とされていない。
  2. 使用貸借契約は賃貸借契約と異なり、借地借家法の適用がない。
  3. 使用貸借契約の使用借主も賃貸借契約の賃借人も、使用貸主及び賃貸人に対して、賃料を支払う必要がある。
  4. 使用貸借契約は賃貸借契約と異なり、期間満了による契約終了に当たり、賃貸借契約の終了時に必要とされる正当事由を要しない。

正解 3

解説

  1. 正しい。使用貸借契約、賃貸借契約ともに当事者同士の合意により成立する諾成契約です。両者とも必ずしも建物の引き渡しを要しません。
    ※使用貸借契約については民法改正前は要物契約でしたが、改正により諾成契約に変更されました。
  2. 正しい。使用貸借には、借地借家法の適用はありません。
  3. [誤り]。使用貸借は無償の契約であるため、賃料を支払う必要はありません。
  4. 正しい。使用貸借は無償で借りている以上、借主側に有利な契約とはなっておらず、期間満了による契約終了に当たって、必ずしも貸主側の正当事由が必要であるわけではありません。
したがって誤っている記述は[3]です。