建物の基礎知識と維持管理 (全18問中8問目)

No.8

室内に発生した漏水に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
令和2年試験 問39
  1. 給水管の保温不足による結露は、漏水の原因とはならない。
  2. マンションなどでは、上の階が漏水の発生源であることが多いが、漏水が給水管からの場合、上階の部屋の給水を止めて発生箇所を特定することが必要となる。
  3. 配管からの漏水の場合、床下やスラブの埋設配管、壁の内側に隠れた配管等からの漏水の有無を調査するために一部の壁等を壊す必要があるときは、入居者への影響は避けられない。
  4. 漏水している水が雨水なのか、給水や排水管からの漏水かを特定することは、原因調査において重要なことである。

正解 1

解説

  1. [不適切]。給水管の保温不足による結露が、給水管を劣化させ、漏水の原因となる可能性があります。
  2. 適切。マンションなどの漏水は上の階の給水管が原因の場合もあるため、上の階の居住者に協力してもらい、給水を止めて原因を特定することが必要です。
  3. 適切。配管からの漏水の場合、原因調査のために壁などを壊す必要がある場合があり、入居者に不便を強いる可能性もあります。
  4. 適切。漏水している水が何なのかを特定することは、漏水原因、漏水箇所を突き止める手掛かりになるので重要です。
したがって不適切な記述は[1]です。