建物の基礎知識と維持管理 (全12問中8問目)

No.8

雨水による漏水又は浸水に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成29年試験 問39
  1. 建物の最上階では、屋上や屋根、庇からの漏水が多い。
  2. 建物の中間階では、外壁や出窓、ベランダからの浸水は少ない。
  3. 雨水による漏水の発生源を特定することは、困難な場合が多い。
  4. 外壁がタイル張りの場合は、タイルの剥がれやコーキングの劣化に起因する漏水が多い。

正解 2

解説

  1. 適切。建物の最上階は、上に住戸がない分、屋上や屋根、庇(ひさし)からの漏水が多く発生します。
  2. [不適切]。建物の中間階では、外壁や出窓、ベランダからの浸水が多く発生します。
  3. 適切。雨水による漏水の発生原因は多岐にわたるため、発生源を特定することは難しくなっています。
  4. 適切。タイルの剥がれやクラック(ひび割れ)、防水などのためにタイルの継ぎ目や隙間を埋めたコーキング材の劣化等により漏水が発生します。
したがって不適切な記述は[2]です。