建物の基礎知識と維持管理 (全12問中9問目)

No.9

建物の維持管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成28年試験 問30
  1. 特定行政庁が指定した特定建築物の所有者又は管理者は、定期に、一級建築士等に調査をさせなければならない。
  2. 予防保全は、事故や不具合が生じる前に、あらかじめ適切な処置を施す保全である。
  3. 事後保全は、事故や不具合が生じてから、修繕等を行う保全である。
  4. 予防保全においても、事後保全においても、法定耐用年数どおりに機器を交換することが重要である。

正解 4

解説

  1. 適切。特定行政庁が指定した特定建築物の所有者(別に管理する人がいる場合はその管理者)は、建物を定期的に一級建築士等に調査・検査をさせ、その結果を特定行政行に報告しなければなりません(定期報告制度、建築基準法12条)。
  2. 適切。問題が潜在化しているうちに、あらかじめ適切な処置を施すことは「予防保全」とされています。
  3. 適切。事故や不具合が顕在化してから、修繕等を行うことは「事後保全」とされています。
  4. [不適切]。予防保全にあっても、法定耐用年数どおりに機器を交換することにとらわれることなく、現場の劣化状況と収支状況を考え合わせ、予防的に交換・保守・修繕することが管理業者に求められます。
したがって不適切な記述は[4]です。