設備の基礎知識と維持管理 (全16問中6問目)

No.6

ガス設備に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
平成30年試験 問30
  1. ガスの使用を開始する際には、住戸ごとに、管理業者が立会い、ガス会社による開栓作業が必要である。
  2. ガス管の配管材料として、近年は、屋外埋設管にはポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管が、屋内配管には塩化ビニル被覆鋼管が多く使われている。
  3. ガスメーター(マイコンメーター)には、ガスの使用量を計量する機能や、ガスの異常放出や地震等の異常を感知して、自動的にガスの供給を遮断する機能が備えられている。
  4. ほとんどの都市ガスは空気より軽いのに対し、プロパンガス(LPガス)は空気より重い。

正解 1

解説

  1. [不適切]。ガスの開栓作業に立ち会うのは、借主(入居者)です。この開栓作業の際にガス機器の使用方法や非常時の対応方法なども確認することになります。
  2. 適切。以前は、屋外埋設管には鋳鉄管、屋内配管には配管用炭素鋼鉄管などが使用されていましたが、近年は選択肢のとおり、屋外埋設管にはポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管が、屋内配管には塩化ビニル被覆鋼管が多く使われています。
  3. 適切。ガスメーター(マイコンメーター)には、ガスの使用量を計量する機能や、ガスの異常放出や地震等の異常を感知して、自動的にガスの供給を遮断する機能が備えられています。なお、開栓作業立ち合いのときには、遮断時の復旧方法も確認しておくとよいでしょう。
  4. 適切。ほとんどの都市ガスは空気より軽い(6Aを除く)のに対し、プロパンガス(LPガス)は空気より重いです。
したがって不適切な記述は[1]です。