賃貸不動産経営管理士過去問題 平成28年試験 問7

問7

賃貸住宅管理業者登録制度の登録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 賃貸住宅管理業者登録制度の登録は、宅地建物取引業の免許を受けていない者でもすることができる。
  2. 賃貸住宅管理業者登録制度の登録の申請をしようとする管理業者は、規程で定める期間以上の賃貸住宅の管理業務の実績が必要である。
  3. 賃貸住宅管理業者登録制度の登録の有効期間は5年である。
  4. 賃貸住宅管理業者登録制度の登録の要件として、宅地建物取引士の設置は必要ではない。

正解 2

解説

  1. 正しい。賃貸住宅管理業者登録制度の登録に際し、宅地建物取引業の免許は不要です。
  2. [誤り]。賃貸住宅管理業者登録制度の登録の申請に際し、申請時点で賃貸住宅管理業としての実績がなくても問題ありません。
  3. 正しい。賃貸住宅管理業者登録制度の登録の有効期間は5年です。宅地建物取引業の免許と同様です。
  4. 正しい。賃貸住宅管理業者登録制度の登録に際し、宅地建物取引士の設置は要件とはされていません。ただし、賃貸不動産経営管理士若しくは業務経験6年以上の者を事務所ごとに1名以上設置する必要があります。
したがって誤っている記述は[2]です。