賃貸不動産経営管理士過去問題 令和2年試験 問47

問47

賃貸不動産経営管理士の行為に関する次の記述のうち、賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」の趣旨に照らし、最も不適切なものはどれか。
  1. 勤務していた管理業者を退職した後も、賃貸不動産経営管理土として職務上知った関係者の秘密を漏らさないようにしている。
  2. 賃貸物件の貸主と借主の聞に紛争が生じるおそれがある場合には、もっぱら依頼者である貸主の立場に立って対応している。
  3. 賃貸不動産経営管理士の資格取得後も毎年、賃貸不動産経営管理士試験問題に目を通して勉強している。
  4. 賃貸物件が所在する地域の防犯・防災活動に協力するため、貸主に対し、積極的に企画提案している。

正解 2

解説

この問題に対する解説はまだありません。