賃貸不動産経営管理士過去問題 平成27年試験 問7

問7

賃貸住宅管理業者登録制度において定められている賃貸住宅管理業者による貸主に対する管理受託契約の成立時の書面の交付(本問において「書面の交付」という。)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 交付する書面は、貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明の書面とは別途の書面として作成する必要がある。
  2. 書面の交付は、対面で手渡す方法のほか、郵送ですることもできる。
  3. 交付する書面は、必要事項が記載されている限り、様式は問われない。
  4. 書面の交付は、賃貸住宅管理業務を無償で行う場合にも必要である。

正解 1

解説

  1. [不適切]。管理受託契約の書面は、貸主に対する管理受託契約に関する重要事項の説明の書面と兼ねることが可能とされています(準則Q&A)。
  2. 適切。管理受託契約書面の交付は対面でも郵送でも可能です(解釈運用の考え方-第五条関係)。
  3. 適切。必要事項が記載されていれば、特に様式が問われることはありません(解釈運用の考え方-第五条関係)。
  4. 適切。管理受託契約の書面は、賃貸住宅管理業務を無償で行う場合にも必要となります(規程Q&A)。
したがって不適切な記述は[1]です。